しのづかきくの*お絵かきダイアリー*

旅・つぼ押し・日常についてイラスト多めでつづっています

瞳子髎(どうしりょう)へのつぼ押しで、目の疲れをとろう

こんにちは、Kamikeはりきゅう院のシノヅカキクです。

 

当院では美容鍼も行っています。その際、目の周りのこりをほぐすのに良く使う瞳子髎(どうしりょう)」というつぼの話しをしたいと思います。

頭痛、目の充血、目の腫れや痛みなど、頭痛や眼のトラブルにも効果があるので、これらの症状をお持ちの方はぜひお試し下さい。

 

古典的な「つぼ」は361個、つぼが並ぶ道を経絡といい、主な経絡は14本あります。

瞳子髎は、その中の1本「胆経(たんけい)」のはじめ1番目にあり、英語表記はGB(Gallbladder)1です。

 

www.shinozukakiku.com

 

目次

 

瞳子髎(どうしりょう)への「つぼ押し」で、目の疲れをとろう

では早速、瞳子髎のある場所について見ていきましょう。

場所

下のイラストをご覧ください。

 

(イラストに出てくる壺のようなキャラクターは「ツボたん」といいます。
ツボたんについては、「このブログへようこそ!」というタイトルの記事の中で説明してるので、もしお時間あったら読んでくれると嬉しいです!)

 

www.shinozukakiku.com

 

 

 

{AF19F414-601C-483D-A8A4-06153201E89A}

 

 

瞳子髎(どうしりょう)は、目の外側のはじから約1cmの所にあるくぼみの、痛みを感じる場所です。

 

注意

せんねん灸などを持ってて、ここにお灸をしたい人もいると思いますが、瞳子髎はお顔のつぼなので、お灸はしないでください。

また、食後や熱のある時は避けるようにしましょう。

つぼ押しの方法

以下に「つぼ押し」のポイントを書きます。

  • 皮膚が傷つくので、爪で押さないように
  • 力が入りすぎないよう、中指で押しましょう
  • 効果を求めて強く押しすぎないようにしましょう
  • 皮膚や筋肉をいためないよう、ほどほど(10回程度)でやめましょう

おわりに 

いかがでしたか?

探すのは難しいかもしれませんが、比較的簡単につぼ押しできる場所だと思います。

 

ぜひご自身で試したり、身近な人につぼ押ししてあげてくださいね!

それでは失礼します。




関連:>>陽白へのつぼ押しで、目の疲れをとろう