シノヅカキクのお絵かきダイアリー

旅・つぼ押し・日常についてイラスト多めでつづっています

夏旅その3 常呂カーリングホール、大函小函、世界のめん羊館  北見~旭川

こんにちはシノヅカキクです。

 

前々回から2018年6月に行った北海道旅行について書いています。 夫婦2人と車1台でフェリーで北海道に向かい、前後1泊はフェリー、北海道では4泊するという合計6日間の旅でした。 

 

今日は旅の3日目、北見を出てサロマ湖方面へ向かった後、西へ行き層雲峡のあたりを見て、少し北上して士別に行き、最後にホテルのある旭川へ向かう予定です。

 

目次

 

はじめに

 

さんふらわあだいせつ(深夜便)で大洗港から苫小牧港まで来る様子は前回の記事に書きました。下にリンクがあるので興味のある人は読んでくれたら嬉しいです。

 

www.shinozukakiku.com

 

 

おとといから振り返ると、フェリーで大洗から苫小牧港に到着しトマムまで行きグレーシィトマムに1泊。

翌日は水の教会を見たあと東へ向かい摩周湖めぐりと屈斜路湖を見て北見のスーパーホテルに泊まりました。

 

2日目の様子は下にあるリンクに書いてあるのでこにらも読んでもらえたら嬉しいです。

 

www.shinozukakiku.com

 

 

本日の予定とルート

 

今日は旅の3日目。北見を出てサロマ湖方面へ向かった後、西へ行き層雲峡のあたりを見て、少し北上して士別に行き、最後にホテルのある旭川へ向かうまでを書いていこうと思います。

 

 

 

常呂カーリングホール

常呂神社

サロマ湖展望台

層雲峡 大函、小函

世界のめん羊館

旭川スーパーホテル

 

ではさっそく旅に出ましょう!

 

 

常呂カーリングホール

 

朝ごはんを食べたらホテルを後にし、北見へ向かいます。

 

ピョンチャンオリンピックで活躍したLS北見のホームグランドを見学したかったのですが、ここでショックな出来事が起こってしまいます。

 

常呂カーリングホールに着いたのですが、駐車場にほとんど車がいません。

建物のドアの前にはトラックが横づけされてて、工事しています。

 

あまりにも人がいなすぎるなぁと思い営業日を確認したところ、何と休館日でした!

 

訪れた日は月曜だったのですが、ここは毎週月曜日がお休みだったのです。

平日休みはないと思い込んでた~!

調べたつもりでしたがちゃんと見てなかったのかもしれません。

 

悔しかったけど自分のミスです。

仕方ないので、建物外観の写真だけ撮ってここを後にします。

今度来た時は、中に入りたいなぁ。

 

f:id:ponzux:20180629151151j:image

 

 

次に、近くにある常呂(ところ)神社へ。

参拝した後見た看板には、ここで販売してるカーリングストラップつきお守りが好評で売り切れてて、今は入荷の予約を受け付けしていると書いてありました。

 

f:id:ponzux:20180629151215j:image

 

カーリング人気がここまで来てるんですね。

 

サロマ湖展望台

 

参拝をすませ、次は北に向かいサロマ湖にあるサロマ湖展望台を目指します。

舗装されてない道を進むと駐車場とトイレが。

車を停めてさらにそこから階段を登ると…。

 

f:id:ponzux:20180629151244j:image

 

先ほど地上で見えてたのはサロマ湖の一部でしたが、ここは全部が見渡せます!

室内の展望室もあるので、虫が苦手な人や雨の日などはそこで見ても良いかもしれません。

 

展望室から。

景色は柱にさえぎられますが、ここなら雨や虫を気にせず景色を眺めることができます。

 

f:id:ponzux:20180629225457j:image

 

 

層雲峡 大函、小函

 

サロマ湖を後にしたら次は柱状節理という地形を見に層雲峡の大函(おおばこ)、小函(こばこ)へ。

 

柱状節理(ちゅうじょうせつり)って何かというと、マグマなどが冷え固まる時にできた柱状の割れ目です。私もブラタモリというテレビ番組を見て初めて知りました。

 

北海道で良い観光スポットないかな~と探してた時に大函小函が柱状節理なのを知って、ぜひ見てみたいなと思っていました。

 

しかしここでも!

大函は工事中で入り口がふさがれており、近づいて見ることができませんでした。

 

同じタイミングでここを訪れた栃木ナンバーの車のご夫婦も「ちょっと通り過ぎちゃって引き返して来たんだ。もっと近づいて見たかったねー、残念だなぁ」と言ってました。

 

訪れた記念にゲート越しに写真を。

 

f:id:ponzux:20180629151540j:image

 

大函が十分見れず何となく物足りなかったので、近くの銀河流星の滝にも行ってみました。

 

前日に雨が降ったためか水量が豊富で迫力ある滝が見られました。

 

f:id:ponzux:20180629151611j:image

 

前回の北海道でここを訪れたものの、水量が少なかったのかあまり良い印象を持ってなかった主人は喜んでいました。

 

先ほど大函で一緒になったご夫婦とここでも会えました!

 

男性が「滝を上から眺められる双瀑台(そうばくだい)という高台がありますよ、20分くらいかかるけど、あなた達は若いから登ってきたら?」と言われたので向かってみたところ「ヒグマ出没注意!鈴をつけて登ってください」の張り紙が…。

 

熊に会うのは怖いので、教えてくださったご夫婦には申し訳ないのですが登るのはあきらめました。

 

層雲峡にあった観光地図を見ると、小函も残念ながら進入禁止になっていました。

結果大函、小函は近くで見られずに終わりました。

でも銀河流星の滝はすごく良かったし、柱状節理も遠くからたっぷり見れたので私は大満足でした!

 

 

世界のめん羊館

 

次は北上して士別にある「世界のめん羊館」に羊を見に行きました。

 

世界中の羊が飼われている珍しい所という理由と、北海道は北緯が高いから「羊と草原」というヨーロッパ的な風景が見れるかなという理由からここを選びました。

 

平日だからか他のお客様とは顔を合わせずゆっくり見ることができました。

 

100円払うと粒状のエサをあげることができます。機嫌の悪い羊にはエサをあげないよう目印がついてるのが面白い!

羊も日によって機嫌が良い時と悪い時があるんですね。

 

ということで、目印のついた羊は遠巻きに見るようにしながら半円形の館内をぐるっと見学します。

 

f:id:ponzux:20180629151855j:image

 

 

5月に毛刈りが終わったばかりでさっぱりした姿の羊。

 

f:id:ponzux:20180629151756j:image

 

いつもは毛があるからモコモコしてるけど、毛刈りの後のため、わりと筋肉質な体なのがよくわかります。羊って思ったより大きいんですね。

 

 

静岡県富士宮市にある「まかいの牧場」から移住して来たという羊。

エサをもらえるかな?と思って顔を出してるところ。

 

f:id:ponzux:20180629151647j:image

 

 

アニメ「羊のショーン」と同じ頭の黒いサフォーク種。

 

f:id:ponzux:20180629151710j:image

 

 

 

世界の羊たちをひととおり見た後、めん羊館の外へ。

出るとタイミング良く、草を食むサフォーク種の羊の姿を見れました!

これを見たかったのですごく嬉しいです!

 

f:id:ponzux:20180629153829j:image

 

しかしこの後、信じられない出来事が。

 

かわいいなーと思ってしばらく眺めてたら、何のスイッチが入ったのか全ての羊が写真の上の方にある小屋に帰ってしまいました!

 

グーグルの口コミにもあったけど、羊が小屋の外に出て草を食む姿はいつも見られるわけではないようです…。

 

私たちが訪れた時間は15:00ごろだったので、夕方には小屋に戻る習慣があるのかもしれませんね。

 

 

そして誰もいなくなった…。

 

f:id:ponzux:20180629153851j:image

 

 

たっぷり羊を眺めてたら急にお腹がすいてきて、めん羊館近くのレストランへ。

そういえばお昼ご飯を食べていませんでした。

 

レストランが営業してるかわからずウロウロしてると、お店の外にあるバーベキュー機で仕込みをしていたらしきスタッフの人と目が合ってしまいます。

会釈するとこっちへおいでと手招きされ、バーベキュー機で焼き上がったばかりのお肉を切り分けて食べさせてくれました!

 

お肉も味つけも、すごい美味しい~!!

 

この人に聞きレストランが営業してるのがわかったので中に入ります。

私は「羊肉バーグ入りスープカレー」を、主人は「羊肉のカツレツ」をいただきました。

 

今まで食べたスープカレーの中で1番美味しかった!好物のうずらの卵と、北海道に来たらぜひ食べたかった「いももち」も入っててテンション上がりっぱなしでした。

 

写真はごはんは少なめで注文しています。

 

f:id:ponzux:20180629153919j:image

 

 

旭川スーパーホテル

 

お腹が満たされた私たちは、北海道を南下し旭川スーパーホテルにチェックイン。

 

さっき食べたばかりですが、美味しいお夜食を探しに駅前のイオンモールまで散歩しました。

 

f:id:ponzux:20180629154021j:image

 

 

 

イオンモール内にある「きたキッチン」で、北海道で親しまれてるという、昆布発酵飲料の「タングロン」と日本人の舌にあうよう作られたという「カマンベールチーズはやきた」を買いました。

 

f:id:ponzux:20180629153954j:image

 

タングロンは昆布っぽい潮の香りがするのかなと勝手に想像してたのですが、思ったより飲みやすく美味しかったです。

 

カマンベールチーズは外はしっかり白カビの香り、中はクリーミーでトロトロで塩気が少なくて美味しかったです!

 

おわりに

 

フェリーで行く北海道の旅3日目は、惜しくも見ることができなかった場所もありました。

 

それでも北海道の広い信号の少ない道のドライブは楽しかったですし、北国独特の木や植物のある景色を満喫できたので今日も大満足でした!