簡単つぼ押しで元気になるブログ

冷え・肩こり・腰痛などつらい症状に

中医学から見る、「あってもいい顔のしわ」の話

こんにちは、Kamikeはりきゅう院のシノヅカキクです。

 

顔のしわって気になりますよね…。しわは全く無いほうがいい!と思ってても、気づくと小さなしわがチラホラ。私も鏡で自分の顔を見て「歳とったなあ」ってがっかりすることもよくあります。

 

でも中医学から見ると、「笑いじわはあってもいいもの」なんです。あってもいいしわなんてあるの?と思いますよね。私もはじめて知った時は不思議でした。中医学では、感情としわが深く関係していることから、「笑いじわが多い=幸せな時間を過ごしている」とみなされ、とても誇らしいことだとされています。

 

そこで今日は、中医学から見る、「しわとその人が多く持つ感情との関係」について話したいと思います。

 

目次

 

なぜ中医学では「顔のしわ」を重視するの?

仕事でミスして落ち込んだり、面白い動画を見て笑ったり――。私たちは1日のうちでも、感情の上がり下がりを繰りかえして生活しています。

 

その他もっと大きく見ると、「その人のなりやすい感情」があって、中医学では、「もともとその人のなりやすい感情が、体の症状とつながっている」という考えがあります。

 

どれにも偏らず平穏に過ごすのが体に良いとされ、「怒りやすい」「落ち込みやすい」「驚きやすい」「こわがり」「喜びやすい」のうちどれかにかたよりすぎると、体に影響をおよぼします。

 

「顔のしわ」を観察することでその人が多く持つ感情がわかる!?

 

その「なりやすい感情」によりできやすい「顔のしわ」の場所をイラストで描いて見ました!どうぞ下の図をご覧下さい。

 

f:id:ponzux:20180510094142j:image

 

右上の「疑い」から時計回りに、中医学から見る「顔のしわ」と感情の関係性を説明していきます。

ご自身でのチェックは鏡だとわかりにくいので、動画で撮ると表情が分かりやすいと思います。

 

  • 眉毛の外側の上のしわは「疑い」
  • 目尻から上がるしわは「喜び」(これがあるのは誇らしいこと!)
  • 目尻から下がるしわは「悲しみ」
  • 頬の真ん中のしわは「深い悲しみ」
  • 唇の両端から出るしわは「苦い思い」
  • ほうれい線は「目的(意志)」
  • あごの下のしわは「恐れ」
  • (感情とは関係ないですが)口の上のしわは「食べ過ぎ」
  • (感情とは関係ないですが)耳のしわは「血圧の変動が多い」
  • 鼻筋にでるしわは「(相手を)無力化する」
  • 眉間のしわは「いらいらや我慢」

 

いかがでしょう、どこか気になるしわはありましたか?

 

 

笑いじわだけは増えても気にしなくてOK!

 

他のしわは悲しみや我慢、疑いなどマイナスの感情をあらわすのに対し、「カラスの足跡」と言われ敬遠されがちですが、笑いじわだけはプラスの感情をあらわしてて、それがあるのは誇らしいことさえ言われているんです。

 

すごく面白くないですか?顔のしわとなりやすい感情は深くつながってて、笑いじわだけは増えても気にしなくてOKなんです!

 

「しわはないほうがいいな」って思ってた私はまさに目からうろこでした!施術中において問診では得られにくい、その人本来の性格の傾向をくみ取るのに使い、普段の生活では笑いじわだけが増えるよう、より一層楽しく過ごそうと心がけるようになりました。

 

 すでに笑いじわ以外の所にしわがある時はどうしたらいい?

すでに笑いじわ以外の所にしわが見られる人もいると思います。

その場合はそれがご自分のなりやすい感情であると把握し、その感情だけに偏らないよう、気分転換やリラックスする方法を見つけると良いでしょう。